こんにちは!静岡県菊川市に拠点を置き、外構工事やエクステリア工事、ガーデニングを手掛ける有限会社正樹園です。
「介護のために玄関の階段をスロープにしたい」とお考えの方はいらっしゃいませんか?
本コラムでは、スロープを設置するメリットとデメリットのご紹介と、施工前に考えてもらいたいことをまとめてみました。
皆様の参考にしていただけると幸いです。
ぜひ、最後までご覧ください!

スロープのメリット


玄関の階段をスロープに変更することで、車椅子やベビーカーでも段差を気にすることなく、スムーズに移動ができるようになります。
特に車椅子は1センチの段差でも障害になるので階段の場合、介助人の手助けがなければ自力での上り降りすることができません。
しかし、階段をスロープにすることで車椅子に乗って自走することが可能になります。

スロープのデメリット

玄関スロープを設置するためには、階段よりも広い敷地が必要になります。
一例を挙げますと、10センチの段差を上がるために120センチほどの長さが必要になるのです。
そのため、高低差があればあるほど広さが必要になります。
広さが必要になると駐車場などの他の外構との関係も考える必要が出てきますので、スロープを設置する際には、外構全体への考慮が必要です。

リフォーム前に考えましょう

ここまで玄関をスロープにすることのメリット・デメリットをお伝えしましたが、介護の観点から考えると、玄関をバリアフリー化することが必ずしも正解とは限りません。
ポイントは、外出する際に必ず玄関から出る必要はないということです。
玄関にスロープを設置するよりも、自室から外までの最短距離をつくる方がはるかに効率的になる場合もあります。
玄関にスロープの設置をご検討されている方は、これらのことをしっかりと考えてから業者に依頼するようにしましょう。

造園に関する工事はぜひ弊社まで!


静岡県菊川市に拠点を置く弊社では、造園にまつわるさまざまな工事を承っており、一本の枝・一枚の葉から大切に心を込めて施工を行います。
ここまで、スロープの必要性をテーマにしてご紹介しましたが、いかがでしたか?
外構をバリアフリー化することで転倒事故を防ぐことができ、お年寄りの方や小さなお子様がいるときには安心できますよね。
しかし、スロープを設置するためには広いスペースが必要になるので、駐車場や庭の広さを考えながら検討を行うことが大切です。
他にも、新築外構工事やエクステリア工事、造園工事や庭園管理などの各種工事のご依頼がございましたらお気軽にご相談くださいませ。
弊社へのお問い合わせにつきましては、お電話もしくはWeb上の専用フォームよりお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


菊川市など静岡県でエクステリア・外構工事や造園工事は(有)正樹園
ただいま新たな現場スタッフを求人中です。
〒439-0036 静岡県菊川市中内田2995-1
電話:0537-35-4673 FAX:0537-36-1434