今回は、庭木の剪定のベストシーズンについてお話しします。

庭木の剪定のベストシーズン

庭木の剪定のベストシーズンは、夏と冬だといわれています。
それぞれ「夏季剪定」「冬季剪定」と呼ばれていますね。
ですがベストシーズンといっても、夏季剪定と冬季剪定の役割は違います。
ここからは、夏季剪定と冬季剪定の役割についてご紹介します。

夏季剪定

夏季剪定は、樹木の形を整えるために行なう剪定です。
伸びすぎた枝や多すぎる葉を剪定するのが主な目的となります。
こういった樹木の形を整えるための剪定を「軽剪定」とも呼びます。
つまり夏季剪定の役割は、樹木の形を整えるために行なう軽めの剪定ということになります。

冬季剪定

「基本剪定」と呼ばれる冬季剪定は、不要な枝を切り落とす、大胆に葉を減らすなど、大がかりなものが多くなります。
冬季は多くの樹木が休眠中になります。
その間に大がかりな剪定をして活動期に入る春に備えるのが、冬季剪定の役割となります。

ここまでお読みいただくとわかると思いますが、基本の剪定は冬季に、軽めの剪定は夏季に行なうのが一般的です。
とはいえ、すべてがあてはまるわけではなく、庭木によって剪定のベストシーズンは異なります。
たとえば常緑針葉樹の基本剪定は3月~4月がよいとされています。
ですから樹木ごとにベストシーズンを見極めることが重要になります。

今すぐお問い合わせください!

弊社は、造園工事の実績が多数ございます。
信頼できる造園業者をお探しの方は、静岡県菊川市の有限会社正樹園にお問い合わせください。
庭木の剪定のほか、外構工事・エクステリア工事もお任せを。
丁寧に対応いたしますので、ご相談はお気軽にどうぞ。
最後までご覧いただきありがとうございました。


菊川市など静岡県でエクステリア・外構工事や造園工事は(有)正樹園
ただいま新たな現場スタッフを求人中です。
〒439-0036 静岡県菊川市中内田2995-1
電話:0537-35-4673 FAX:0537-36-1434